MENU

加圧シャツと筋トレでマッチョを目指そう!

 

 

今回は特に肉体改造をしたい、マッチョになりたい人向けです。

 

加圧シャツの効果的な着方・使い方として、筋トレとの併用を取り上げました。

 

今回はさらにその具体的な筋トレ内容もご紹介していきたいと思います。

 

 

加圧シャツを着て筋トレするとどんな効果がある?

 

簡単に言うと負荷が大きくなります。

 

加圧シャツの中でもおすすめしている金剛筋シャツは、着用して腹筋3回するだけで追い込まれるそうです。

 

嘘のように感じますが、加圧している時点で既に負荷がかかっています。

 

これまで20回くらいしていたトレーニング内容が、数回で同等の効き具合になるのは考えられます。

 

 

筋肉を大きくするには小さな負荷を回数増やして行うのではなく、少ない回数しかこなせない大きな負荷を与える必要があります。

 

筋肉が大きくなると筋力アップだけでなく、脂肪燃焼効果も高まり、姿勢改善効果なども得られ、ますます男らしい自信溢れる体になっていきます。

 

特に太っている人は痩せるよりも、筋肉をつけてムキムキを目指しやすい状態にあります。

 

体脂肪の燃焼も高まり、体脂肪率もぐんと下がる可能性があるため、是非加圧シャツを筋トレと組み合わせて利用してみてくださいね。

 

 

おすすめの筋トレ

 

ムキムキを目指したい人におすすめの筋トレを紹介します。

 

1、スクワット

 

肩幅に開いて、腕は胸の前で組むか、頭の後ろに置いてください。

 

出来るだけ背筋はまっすぐで、地面に垂直なままおろしていきます。

 

このとき、膝がつま先より前にいかないようにします。

 

すると太ももの正面部分だけでなく、裏側にも負荷がかかります。

 

最初は5回から10回を目安に行いましょう。

 

かなり大きな筋肉なので、最初に取り入れると血流がよくなり、上半身のトレーニング効率があがります。

 

 

2、プッシュアップ

 

主に胸筋を鍛えます。

 

おろしきった時、ひじの角度が地面から向かって90度になるくらいに広げましょう。

 

目安としては肩幅の倍くらいの広さです。

 

おろす時肩甲骨をくっつけるイメージを持ち、持ち上げる時は腕ではなく、胸筋を使って持ち上げましょう。

 

おそらくゆっくりやれば5回でもかなりきついです。

 

 

3、体幹

 

ほふく前進をイメージし、うつぶせになります。

 

手をグーで握って胸の前でそろえ、脇をしめて肘をつけます。

 

そのままお腹を持ち上げ体をまっすぐに保ちます。

 

慣れてなければ10秒ほどで体がプルプルしてきます。

 

 

見覚えのあるトレーニングばかりですよね。

 

しかし、これを「正しく」、「ゆっくり」行っていきます。

 

10回も出来ないかもしれませんが、回数ではありません。

 

少ない回数しか出来ないと言うことはそれだけ負荷をかけるのに成功しているので、それが正解です。

 

 

早くやったり、急いでやると筋肉を大きくするという視点では逆効果です。

 

即効性が欲しいと言うせっかちな人ほど、ゆっくりやるのが近道です。

 

ちなみにこのメニューがしばらく続けられるようになってから新たなトレーニングを始めると、持続しやすいと思います。

 

是非参考にしてくださいね。

 

⇒金剛筋シャツの公式サイトはこちらから


関連ページ

効果的な着方・使い方をご紹介!
加圧シャツの効果的な使い方、着方を紹介します!加圧シャツでより効果を高めたいなら必見の情報を紹介!
サイズ選びのポイント!体に合ったものを選びましょう!
加圧シャツのサイズ選びのポイントは!?身体を締め付けることで効果を出す加圧シャツなので、サイズ選びは超重要です!
睡眠時にも着用?効果と着心地の良いシャツの選び方をご紹介!
加圧シャツを睡眠時に着ることで、24時間のトレーニングが可能になります。そこで、加圧シャツを睡眠時に着る上でのポイントを紹介します!
着心地も重要!
加圧シャツを選ぶ際には着心地も重要です!
このページの先頭へ